「赤羽のキャバクラで仕事がしたい」と思ったら、一体どんな方法で仕事を探せば良いのでしょうか?
また条件に合うバイト先が見つかったら具体的にどう行動すればいいかを、わかりやすくまとめています。
これから赤羽のキャバクラで働きたい女の子、注目ですよ。



まずは勤務先を探す

赤羽のキャバクラはJR赤羽駅周辺に多く集まっています。
とは言っても、駅周辺でお店を1軒1軒探してお店を確認するなんて無理ですよね。
ハローワークにもキャバ嬢の募集は殆ど出ていませんから、頼りになるのはナイトワーク専門の求人サイトやフリーペーパーに掲載されているキャバクラ店情報です。

フリーペーパーに掲載されているお店に応募するのも良いのですが、もしかするとブラックキャバクラ店が紛れ込んでいるかもしれません。
より良質なお店を選びたいなら、事前にお店を審査して条件をクリアしたキャバクラ店しか紹介しない求人サイトを利用する方が安全です。

事前審査のあるサイトなら、万一、顧客からセクハラされたり時給額が違っていたり、待遇が事前の話しと違うなどするとサイト事務局に相談できます。間に第三者を入れて相談が出来るので、運営元のしっかりしたナイトワーク専門の求人情報サイトで条件に合うバイト先を探すのが無難ですよ。



店舗スタッフの面接を受ける

赤羽のキャバクラ求人を見て「このキャバクラは良いな」と思ったら、早速明記されている連絡先に電話で問い合わせしましょう。
この時、電話でのスタッフの対応をチェック!言葉遣いが乱暴でマナーがなっていないようなら、ブラックキャバクラ店かも。

キャバクラ店と言っても特別な業務形態ではなく、接客業の一種。
社会的なルールや一般常識が通用しないお店は入店しない方が良いです。
あらかじめネットなどでお店の評判をチェックしておくのも良いですね。



体験入店から本入店へ

面接を受けたら、すぐに採用が決まるケースもあります。
採用が決まれば面接後に体験入店(体入)が出来るお店もあるので、店舗スタッフに問題がなくやる気があるなら面接後すぐにお仕事をしてみましょう。

体入は基本1日ですが、何度かお試しで仕事をさせてもらえるお店もあります。
体入が終わったら、店舗スタッフから「次回はいつ来れますか?」と聞かれたら、本入店決定です。
もし「採用するかどうかは後日連絡します」であれば、もしかすると不採用なのかもしれません。

本入店が決定したら入店日を決め、必要な物を準備しておきましょう。