赤羽のキャバクラは下町にあるキャバクラと言う事で、庶民派で親しみやすい雰囲気が特徴です。
では赤羽と他のキャバクラ人気エリアにあるお店とはどんな点が違うのでしょうか?

新宿や六本木、銀座など人気のあるキャバクラエリアと比較してみました。



新宿歌舞伎町のキャバクラ

歌舞伎町はまさに池袋と並ぶキャバクラの聖地。地方のキャバクラに勤務している女の子が「いつかは歌舞伎町のキャバクラで働きたい」と憧れる場所でもあります。

お店の数も非常に多く1時間3,000円前後で気軽に飲めるお店もあれば、軽く1万円は飛ぶ高級店もありバリエーションは豊か。
ただお店の数が多いためキャバ嬢の入れ替わりはとても激しく、昨日まで人気のあった女の子が今日は居ないなど、プロ意識や美意識のある女の子でなければ長く続けていく事は出来ません。

そんな中でも愛沢エミリさんや唯月みらい 一条葵さんなどカリスマレベルのキャバ嬢もいます。
美意識が高くグラビアアイドルやモデル並みの美貌の持ち主+プロ意識の高いキャバ嬢はナンバー1の地位まで昇りつめ、一晩で数千万円の売り上げ実績を作るなど伝説級の記録を作っているんですね。

赤羽のキャバクラとはちょっとレベルが違います。
地元客と楽しく仕事がしたい、伝説級の売り上げを上げてカリスマになりたいわけではないアットホームな雰囲気で長く仕事がしたい方は、赤羽のキャバクラ求人をチェックした方が良さそうです。



六本木のキャバクラ

六本木はセレブや有名人・芸能人・スポーツ選手などが好んで出入りするお店が多いです。
客層は当然、これら有名人や会社経営者が多くなります。
地元の方が賑やかに遊ぶお店と言う雰囲気ではありません。

有名人が多いので、芸能界に入りたい女の子が人脈作りのために働いていたりします。
華やかなお店も多く、ルックスが派手な美形の女の子が多い傾向です。
外国人も多いので英語や中国語が話せると採用には有利ですね。

六本木自体が華やかな場所なので、気後れしてしまう女の子もいるようです。
美意識が高く自己プロデュース力があり、人脈を広げたい方にはお勧めですが、地元の顧客とワイワイ賑やかに飲みたいなら赤羽の方がお勧めです。



銀座のキャバクラ

銀座は言わずと知れた高級路線。新宿歌舞伎町のキャバクラでどんちゃん騒ぎをする方も、銀座となると途端に紳士になるから不思議です。
客層は有名人や芸能人はもちろん、政治家や財界関係者、スポーツ選手、有名企業の役員、起業家などがメイン。

政財界の方が多いので、政治や経済に疎い女性は肩身が狭くなります。
年齢は30代の方も多く活躍していますが、何と言っても銀座ですから、美貌やモデル並みのルックス、経験、話術、気配り、癒しなど様々な要素を高いレベルでクリアしなければなりません。
気楽に働きたいなら、やはり赤羽のキャバクラが一番です。