東京都北区赤羽駅の周辺には、赤提灯の庶民派居酒屋やスナック、ガールズバー、キャバクラ、ラウンジなどが多く歓楽街になっています。
ドラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」で火がつき、現在では女性に人気の地域としても有名ですね。


駅から徒歩圏内に多いキャバクラですが、そもそも赤羽ってどんな街なのでしょうか?
調査してみました。



赤羽ってどんな街?

赤羽に住んだ事のある方は口を揃えてこう言います。「交通の便がすごくいい」と。
それもそのはず、JR赤羽駅には埼京線・高崎線・宇都宮線・赤羽線・湘南新宿ライン・京浜東北線など6つの路線が乗り入れていて、池袋までわずか9分、渋谷へもわずか22分で到着。
横浜へも1時間かからずに移動できます。
もちろん大宮へのアクセスも抜群です。

都内の学校や会社に通う方には、新宿まで15分程度で移動出来るのは大きな魅力ですよね。
住んでみると「副都心に出やすい」事が一番便利で良いとすぐに感じられると思いますよ。

赤羽は交通の便だけではなく、駅周辺に大きなスーパーが多いです。
例えば西友赤羽店・イトーヨーカドー赤羽店・イオン赤羽・マルエツ赤羽台店・富士ガーデン赤羽店など、大型スーパーが多いので買い物がしやすい環境ですよ。
大型ショッピングセンター以外はほとんど住宅地なので静か。

人によっては「治安が悪そう」と言われますが、実際に犯罪の多いエリアではありません。
中国人や韓国人の方が多いですが、だからと言って特に用心しなければならないわけではないので、安心して住めます。
若い女性はオートロックなどセキュリティ―面のしっかりした物件なら安心出来ますね。



居酒屋は地元客も多いアットホームなお店多数

赤羽駅の周辺には飲み屋さんが多く、昼間から中年のおじさんが酔っ払っている…と言うイメージは割と多くの方がもっているようですね。
赤羽の駅周辺には古くから続く商店街があり、居酒屋やスナックなど気軽にお酒が飲めるお店が本当に多いです。

地元の常連さんが多いので気さくで明るい雰囲気ですが、観光客や区外の方が見れば「柄が悪い」と感じられるかもしれませんね。
アットホームなお店が多いので、地元の方々も安心して楽しめるのかもしれません。


赤羽に熟女キャバクラが多い理由は?

赤羽のキャバクラ求人を見るとやたらと目に付くのが「熟女」の文字。
赤羽駅周辺は昔、ヤンキーが多くたむろしていて、見た目も治安も悪かったそうです。
そこで増えたのが熟女系のお店。若い不良は熟女に興味がないので、ヤンキーの数も激減。

また昨今は高齢者人口がかなり増え、高齢のお客様でも安心して飲めるように熟女キャバクラが増えたのです。
つまりニーズの変化に対応した結果、熟キャバの増加につながったと言う事なんですね。